スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦略と戦術の違い

          ★新人でも市長に当選するための戦略戦術

市長になるには、当然のことですが、まず「市長選に立候補」して、そこで当選しなければなりません。当選する可能性は、「新人候補」で、なおかつ「無名」の場合は、かなり低いのが現実なのですが、それでも決して不可能なことではないのです。

政党や宗教団体、地域団体、市民活動グループなどの支持基盤を持っていない無名の新人が、いきなり市長選に立候補して、それでも当選するためには、それなりの〈戦略〉と、その戦略に基づいた〈戦術〉が必要です。

みなさんの中には、戦略〉と〈戦術〉と〈戦技〉の違いがよく判らないという人も少なくないと思いますので、ここで、蛇足とは思いますが、その相違点を簡潔に説明させて頂きます。

戦争では、〈戦略〉とは、「無駄な戦いを避ける方策」「敵に戦う気持ちを無くさせてしまう方策」であり、万が一戦う場合は、「その戦いで圧倒的な勝利を得られるようにする方策」のことを意味しています。

例えば、日本の戦国時代。

刀と槍と弓矢の時代の戦争に、南蛮渡来の種子島(鉄砲)を数千挺も揃えるという、他国の武将たちを圧倒する戦略で勝ち進んだのが織田信長でした。

その鉄砲の弱点を知って、「鉄砲を重視している織田軍勢を攻めるのは大雨の日に限る」という戦術で勝ったのが上杉謙信だったのです。

鉄砲を全ての武将が装備すると、もはや「鉄砲を増やす」というのは戦略としては通用しなくなってしまいました。勝敗を決するのは、「いかにして鉄砲部隊を活用するか」という戦術次第ということになるのです。

しかし、「鉄砲の数を増やす」という戦略を上回ったのは、「できるだけ多くの大名を自分の陣営に見方として組み込む」という戦略です。その戦略で天下を平定したのが徳川家康だったのです。

現代の戦争を事例にすれば核兵器でしょう。

世界には「核兵器を持っているから我が国の平和が保たれるのだ」という考えを持っている人が日本人の想像している以上に多いのです。

「我が国と戦争しようという気持ちを起こさせない」という理由で装備するから「戦略核兵器」と言われているのです。

他にも、最新兵器を導入したり、膨大な武力兵力を保持することは、「無駄な戦いを避ける」という戦略に基づいているのです。

それに対して〈戦術〉とは、「戦うのであれば、その戦いに勝つための方法」「できるだけ短時間で自分の消耗を少なくして勝つ方策」を意味しています。

例えば、先制攻撃とか、奇襲攻撃、物量戦、短期決戦、籠城作戦などは〈戦術〉に分類されるのです。

この「勝つための戦略と戦術」という考え方を<市長選>に当てはめて考えてみましょう。

     → それが次回の内容です。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

tag : 戦略 戦術 市長選

現職市長の選挙戦略・その1(無投票選挙)

          ★新人でも市長に当選するための戦略・戦術

同じ市長選でも、
現職市長のための「対立候補に勝つための戦略」と、
新人候補者のための「現職市長と他のライバル候補にかつための戦略」とは、
その内容はまったく異なります。

現職市長が「対立候補に勝って再選(3選)するための戦略」は、すでに、最初の選挙で当選して市長に就任したときから立案されてきています。

現職市長にとって最も確実な「再選(3選)」は、対立候補が出馬しないまま、市長選が「無投票」になってくれることでしょう。

無投票になる」というのは願望であって戦略ではありません。
ところが「無投票にするために対立候補を出馬させない」というのは立派な戦略なのです。

もちろん、金銭提供や脅迫で「出馬させない」ということではなく、「出馬させる気を無くしてしまう」もしくは「市内には現職市長に対抗して立候補しようする人は一人も出ない」状況を創り上げていくことが戦略なのです。

現職市長に対抗して立候補しようと考えているライバルに
「でも、次の選挙では現職には勝てないかもしれないぁ」
「とりあえず、今回は見送って、その次の選挙に立候補しよう」

と思わせるための方策の一つ一つが〈戦術〉なのです。

その代表的な戦術が、任期中に「市長としての実績」を「有権者に目立つようにしていく」ことなのです。

できれば、「最大の実績」が「最大に評価される時期」を「市長選の前」になるようにコントロールするのも戦術の一つです。

例えば、市民会館とか図書館、市立病院などの新設、大規模改修なのどの「箱モノ」のオープンが市長選の数ヶ月前になるようにするのは基本的な(古典的な)戦術なのです。

もちろん、この「箱モノ実績PR」戦術は、その「箱モノ」が、市民から「税金の無駄使いだ!」とか「デザインが良くない!」「見栄えが良いだけで実際には使いづらい!」というような不評を浴びれば、逆に、大きなマイナス要因になってしまう、ということも有り得るのです。

もちろん、それは対立候補にとっては、願ってもない事態なのですから、その「失政に狙いを定めて攻撃する」ことが、対立候補陣営の戦術になるわけです。

  → 次回は、「市長選の投票率が低いほど現職に有利なので・・・・」です。

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

tag : 市長選 無投票 戦略戦術

現職市長の選挙戦略・その2(低い投票率)

          ★新人でも市長に当選するための戦略・戦術

地方都市では(私が住んでいる埼玉県飯能市でも)2選目の市長選は、対立候補が出馬しないまま「無投票」になることが極めて多くなってきています。

某政党から出馬する候補者がいて市長選が行われることになっても、その政党自体も「本気で市長当選を目指しているわけではない」と市民には思われているので、選挙結果は最初から勝敗が見えてしまうために、投票率も低く、現職市長の圧勝で終わることが殆どなのです。

一般的には「現職vs新人」の一騎打ちの市長選の場合、投票率が低いほど現職が有利になると言われています。

だから、投票率を低くするために、「市長選への関心を高めない」というのも、現職市長の選挙戦では古典的な「戦略」の一つにさえなっているのです。

余談ですが、市町村の選挙管理委員会事務局が、「選挙違反の防止」には熱心でも、「投票率の向上」には本気で取り組まないということも、「実は現職市長の多選が原因だ」と指摘する人もいるのです。(もちろん、この私もその一人ですが・・・・)

新人候補者は、現職市長陣営の「基本的な戦略と戦術」を理解したうえで、自分が当選するための戦略戦術を立案しなければならないのです。

     → それが次回の内容です。

テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

tag : 飯能 市長選 投票率

現職候補の選挙戦略・その3(ライバル落とし)

          ★新人でも市長に当選するための戦略・戦術

日本の選挙では、「現職市長と新人候補の一騎打ち」の場合、一般論ですが、下記のような通説があります。

・投票率が高くなるにつれて新人候補が当選する確率が高くなる。

・現職市長より新人候補が若ければ若いほど新人候補が当選する確率が高くなる。

・現職市長に目立つ失政が有ると、そこを攻めた新人候補が当選する確率が高くなる。


つまり、「現職市長と新人候補の一騎打ち」選挙の場合は、基本的には「新人が当選する事例」のほうが多いのです。だから現職市長は「再選の選挙が無投票になることを願う」のです。

この事実を意外に思われる方が多いと思います。

なぜなら、日本では、再選、3選される現職市長が極めて多いからです。

しかし、現職市長が当選する選挙の殆どは「対立候補が2人以上いる」場合なのです。

新人候補は当然、「現職市長の失政を批判する戦術」で選挙を戦います。

市長の対立候補が2人なら、市長への批判票は二分されてしまいます。対立候補の得票総数が現職市長の得票数を上回れば、「市長批判票が過半数を超える」ことになるのですが、選挙の当選者は現職市長なのです。

市長の対立候補が3人出れば、市長批判票は三分されてしまいます。

つまり、対立候補が増えるにつれて、現職市長が当選する確率が高くなるのです。

そこで、現職市長やその選対幹部は、対立候補の数を非常に気にするのです。

もし、非常に強力な対立候補が出馬することが確実になり、それが「現職との一騎打ち」になるかもしれないことが予想された場合、狡猾な陣営であれば、「対立候補への対立候補を立候補させる」という「やや危険な戦術」を採用することも充分に有り得るのです。

つまり、現職市長の再選が危ぶまれるような強力な対立候補Aの出馬が予想された場合、そのA候補よりも若いBを立候補させ、A候補に投じられる票をできるだけB候補に奪わせるのです。

そのB候補だけでは不安な場合は、さらにC候補を担ぎ出す戦術も有り得るのです。

    現職市長 + 強力なライバルA候補 + B候補 + C候補

もちろん、後々の「秘密保持」のために、「現職市長の戦術」として立候補するB候補やC候補は、「自分が現職市長陣営に利用されていること」に気づかない場合も有るのです。

現職市長に挑む新人候補は、日本の選挙では「そのような奇策の戦術」も有り得るのだということを認識したうえで、「それでも現職に勝つための戦略」を立てなければならないのです。

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

tag : 市長選 対立候補 奇策

市長と副市長のコンビで選挙に臨む

   ★新人でも市長に当選するための戦略戦術   ○投票率を上げるための話題作り

無名の新人が現職市長に勝つための戦略は、「投票率を上げるための話題作り」です。  

「投票率の上下」には様々な要因が係わっていますので、「投票率を上げる」ということは候補者にとって戦略にも戦術にもなりません。

しかし、「投票率を上げるための話題づくり」は、充分に戦略に値します。

とくに、新人候補者自身に関する「話題づくり」は重要な戦略の一つになります。

「現職よりもかなり若い年齢」「姿の良い外見」「異色の経歴・体験」などは、それだけで有権者の関心を呼び、投票率の向上に寄与し、それだけでも「新人に有利に」作用していきます。

しかし、確実な「戦略戦術」は、新人候補ならではの「話題になる政策」「話題を呼ぶ公約」です。それには、現時点ではとくに下記のようなものが考えられます。

   1.副市長候補とチームで選挙を戦う
   2.「市長報酬はゼロ」にする
   3.だから「1期4年」で再選を望まない
   4.だから議会にも職員にも痛みの伴う会場の改革を迫れる
   5.議会不信任には解散で対抗し、その時は再出馬する


副市長」には現職の市議を指名すれば、これが「話題」になります。
副市長に就任した市議」は市議を辞職することになるので、その市議の分だけ「残り任期だけでも定数削減」になるわけです。

「市長報酬はゼロ」でも、市長個人としては「生活費が必要になる」ので「収入を得るための活動は認めてもらう」ことを条件にします。すると、次は「市長のアルバイトの内容とその是非」も話題になっていきます。

選挙の時から「1期4年」を宣言することは「市議や職員の反発は恐れない」ということの現れでもあります。


テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

tag : 市長 市長選 選挙 市議 副市長 戦略 戦術 不信任

プロフィール

小久保 達

Author:小久保 達
こくぼ さとし
埼玉県飯能市在住(27年目) 住居は飯能河原に面した市立図書館隣のマンション。屋上で花・野菜・果樹を栽培。教員の妻、大学生の姪と三人暮らし。

1949年4月24日生まれ・B型
東京都板橋区板橋出身
私立落合幼稚園(板橋)
板橋区立板橋第二小学校
板橋区立板橋第一中学校
東京都立北園高校(板橋)
明治大学文学部中退

中学でも高校でも生徒会長だったが両方とも対立候補がいないから立候補しただけ。中学校では生徒会担当の先生から「お前が立候補しろ!」と指示され、高校では柔道部の部長から「部の予算を増やして来い!」と命令されたから。

つまり「目立ちたがり屋」ではあるが「他人と競ってまで目立とう!」とは思わないタイプ。逆に「他人と競わないほうが結局は得だ!」という考え。この生き方は今もあまり変わらない。

だから地元の飯能市では「市長」ではなく「観光協会会長」を狙っている。市民会館と図書館の運営受託にも興味を懐いている。

建材調査会社を経て25才で脱サラしたが1年も続かずに挫折
親の財産まで喰い潰した自分の愚かさに絶望して自殺を試みるも死にきれず「喰うために」ヤケッパチで就職した会社が極めてまともな社員研修会社だったのが「人生の大幸運!」

その会社での体験や見聞から<起業家の本当の成功要因と失敗要因>に気づいて1985年(35才)再び脱サラして創業開発研究所を開設、現在に至る。

起業関連の著書は9冊。
『はじめての独立開業』
        日経文庫1000円
『規制の中に商機がある』
    日本経済新聞社1500円
『平成起業家物語』 
     ダイヤモンド社1800円
(他は 小久保達 で検索を・・)
   
2001年4月から岐阜大学産官学融合本部客員教授。
起業家の中から日本を変える政治家が続々と出てくることを切望している。

最近は「初めて選挙に立候補する人」をビジョン・政策面で応援することを喜びとしているが〈押し掛け〉〈押し付け〉気味なので迷惑がられることもある。

地元(埼玉県飯能市)では地域サイト「飯能いつどこ情報源」と「飯能イベント企画365」を運営
「地域寄席」を10年前から毎月定期的に開催し続けている。

2001年6月、現市長の初めての市長選のときに「前県議(現市長)×前市議」2人の公開討論会を市民会館で開催した時の5人の何の組織も持たないオジサン主催者の1人だった。
   
2006年1月からブログ「飯能どうする研究所」で、地域の将来ビジョンや市政への提案提言を「10の理想を実現するための
100の挑戦・1000の実験」として体系化して発信中。

地元の日刊紙での提言投稿も目立つので「いずれ市長選に立候補する気だろう」と陰で噂されているが、当人は方々でそれを本気で否定してきた。
ところが「ひょんなコト」が意外な展開に。結果的には2009年7月26日投票日の飯能市長選に出馬しなければならないことになってしまった。
  
そんな訳で、当ブログの名称を「市長を変える・地域を変える・日本が変わる」から、現在の「還暦オヤジ市長選奮戦記」に変えて再スタート。

連絡は「小久保達.com」からどうぞ!
(リンク欄の最下段に有ります)

最新コメント
Adsense
最新トラックバック
FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。